当店で生のり付き壁紙をご購入の方に『壁紙の貼り方BOOK』プレゼント!

印刷ボタンがうまく動作しない場合は、ブラウザの「印刷」メニューから印刷してください。
A4サイズの用紙が6ページほど必要になります。

職人が教えるリフォーム講座

※写真をクリックすると拡大表示します。

壁紙(クロス)の準備をします

  1. 生のり付き壁紙を箱から取り出します。 壁紙の両サイドには乾き止めのビニールのテープが巻いてあるので、ゆっくりはがしていきます。

  2. テープをはがしたら、右、左、真ん中と3箇所セロハンテープで止めてある部分を切っていきます。 その後、ゆっくりとフィルムを引っ張ります。乾燥しないように余分に巻いてあります。

  3. 写真のように壁紙が出てきたら、余計なフィルムは切ってしまいます。
    ※開封時に保護フィルムが表面にきた場合、開封方法を間違っております。詳細は下記ページをご覧下さい。
    壁紙の正しい開封方法について

  4. 壁紙には裏面に10cm間隔の太線、5cm間隔の細線で目盛りが入っています。 壁の高さに5〜10cm程度の余分が足してカットします。

  5. 柄物の壁紙の場合は柄合わせをする必要があります。 カットする時に目印になる柄を覚えておいて、壁紙をカットします。写真のように三角のマークが入っている壁紙は、それを目印にします。

  6. 壁紙を切り終えたら写真のように蛇腹折り(ジャバラ折り)にします。 何cmでカットしたか分かるように、メモをはさんでおくと良いでしょう。

  7. 夏場は壁紙のミミ部分の乾きが早くなるので、下地保護テープが入っている側を、 ミミ部分から2〜3cmほど水に浸して濡らすと、重ね切りの作業が楽になります。

1枚目の壁紙(クロス)を貼ります

  1. 壁紙の裏側のフィルムを50cmほどはがします。 糊が手について少し気持ち悪いかもしれませんが、当社の壁紙には人体に安全な糊 を使用していますのでご安心ください。

  2. 1枚目の壁紙を写真のように真っすぐ貼っていきます。

  3. 貼り終えたら、撫でバケで壁紙の上から下に空気を抜いていきます。 壁紙がシワにならないように注意して作業をしていきます。

  4. 空気抜きが終わったら、次に壁紙の余計な部分をカットするために、竹べらを使って角を出していきます。 この時力を入れすぎると壁紙が破れてしまうので注意して下さい。

  5. 次に地ベラを当てて、カッターでカットしていきます。
    カッターの刃は地ベラに平行になる様に、また、刃はこまめに折るようにして、切れ味を損なわないようにしておきましょう。

  6. 余計な部分についた糊は水をふくませたスポンジ、またはタオルなどを使ってふき取ります。 糊をきちんとふき取らないと変色の原因になります。
    これで1枚目の壁紙を貼り終えました。

出っぱった角(出隅)の貼り方

  1. 角を巻き込むようにして壁紙を貼ります。

  2. その後、スポンジ、タオルなどで少しぬらした後、撫でバケで空気を抜いて仕上げます。

へこんだ角(入り隅)の貼り方

  1. 歪まないように真っすぐ貼り付けます。

  2. 地ベラで角を押さえます。 ※力を入れすぎて壁紙を破らないように注意してください。

コンセント・スイッチ周りの貼り方

  1. スイッチ部分を覆い隠すように壁紙を貼ります。

  2. 次にスイッチ部分に切り込みを入れて、端に地ベラを当てながら余計な壁紙をカットしていきます。

  3. カバーを元通りに取り付けて完成です。

1枚目を貼り終えたら、いよいよ2枚目を貼ります!
2枚目の壁紙の貼り方(重ね切りの方法)


ルームファクトリー会員登録

ルームファクトリーは職人が在籍しているDIYショップ

ルームファクトリはー即日発送対応OK!ヤマト運輸での配送